2012年5月21日 (月曜日)

まずいと言われているが…〈スクールランチ〉

いわき市内の中学校で給食の代わりに提供されているスクールランチについて、昨年来不満が渦巻いてきました。要は「まずい」ということで、今年度から希望者は弁当でもよいということになりました。こうした状況を改善するため、署名活動をしよう!などというお母さん方がいたので、某市議の方といわき市教育委員会に事情をお聞きし、お母さん方に説明しました。簡単にまとめてみます。

●市内の給食センターは8カ所がすべて被災し、5カ所は復旧。供給能力不足は10500食分。平北調理場が復旧すると5000食が供給可能。今年の2学期中に復旧し、3学期からは供給を再開したい。四倉調理場は現在、増築中で来年度完成すると残り5500食を供給でき、給食が正常化する。残る勿来調理場は液状化により、移転・新築が必要な状況。3年後の完成を目指している。

●スクールランチは民間業者から供給されているが、市内で供給能力のある業者がおらず、毎日埼玉から冷凍で納品され、当日解凍して出している。温めたものが食べるまでにまた冷めてしまうなど、構造的に致し方ない部分もある。

●スクールランチは栄養面等で学校給食法に基づいていなければならず、食材の費用も制約があるため、お弁当屋さんのホカ弁と同列に考えることは出来ない。

●納入業者は埼玉で老人ホーム等に給食サービスを行っており、味について問題を指摘されたことは今までなく、今回の反応に驚いている。市の栄養士が試食を行い、味の改善は行っている。最近のアンケートでは「当初より改善された」が30%ほどあった。

●平北調理場が再開した場合は、特定の学校で給食再開とするか、たとえば1週間置きで提供する学校を変えるかの両案があるが、後者の方向で考えたい。

●校長会ではこれらの情報は伝えてあり、学校長は状況が分かっているはず。

これらを踏まえて、娘が通っている中学校に、ていねいな情報提供と試食会の実施をお願いしました。親たちは食べたことがないので、子供達の「まずい」という話だけで意見を言っていますが、ひょっとすると十分食べられるものを「まずい」と言ってやしないか、というところもあります。スクールランチを避けて毎日弁当づくりに追われるお母さん方も増えていますので、出来れば学校から提供されるものを美味しく食べるのがよいのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木曜日)

レ・ミゼラブル-ちょっと背伸びした本に挑戦〈読み聞かせ〉

小名浜東小学校では何年か前から保護者のボランティアで月1回、読み聞かせをしています。1年から6年まで18クラス全部で行えているので(校長先生などにも参加してもらっていますが)、何とかそれだけのお母さん方(お父さんは残念ながら私ぐらい)に協力してもらっています。

皆さんどちらかというと低学年よりは高学年がやりづらい。小さい子は何を読んでも喜んでくれますが、大きくなると幼い絵本ではつまらないと思われるし、難しすぎてもよく分かんない。子供達の心を引きつける本の選択は難しいのです。

51iheomygxl__ss500_うちの次女が今年6年生なので、最後は6年生にはなむけの思いを込めていい本を読みたいとずっと思っていました。単に面白い本ではなく、何か心に残るような、何か考えてもらえるような本を。あれこれ考えた結果、「レ・ミゼラブル」でどうだろうと考えました。

うまくいくか自信がなかったので、6年生の先生方に聞いてみました。いいんじゃないの、と言われたので、不安を抱えつつも挑戦してみました。とても10分で読める本ではないので、ジャン・バルジャンが司祭と出会い改心する場面を読むことにしました。通常の全編翻訳から子供向けの短縮版まで何冊か見てみると、訳が微妙に違います。どれが子供達にうまく伝わるか比較してみた結果、新潮文庫の佐藤朔訳を採用。ジャン・バルジャンが教会にたどり着いたところから司祭に赦される場面までを、ところどころ削りながら読み聞かせ用の原稿にしました。

12月に6年1組。1月に6年2組。そして、ホントに6年間最後の機会、3月4日が娘の6年3組ということになりました。1組、2組ともそれなりに準備して臨みましたが、この本を知っている子はクラスにせいぜい1人。読んだ反応も分かったような分からないような。伝わったのかなあ、と不安が残りました。1組のS先生は、今の子供たちは古典的名著に触れていないと言われました。その意味で、「触れてみる」ことに意味があるのでは、ということでした。ところが、先日植田小学校で行われた読み聞かせの講演会で質問したところ、「多くの子供達の心を引きつけることが必要なので、その本の選択は難しいのでは」と言われてしまいました。

そう。いくらこちらが「いいものだよ」と言っても、受け手が全然分からないのでは意味がありません。読み手の自己満足では。そうかあ、3組で読むのは考え直そうかなあ、と思うようになりました。

読み聞かせ日の直前、いわき総合図書館であれこれ本を物色してみましたが、なかなか「これだ!」と思える本がありません。でも1つの候補として、「真の勇気とは何か」をテーマとした「ヤクーバとライオン」を借りてきました。家に帰って娘に「ヤクーバとレ・ミゼラブル、どっちがいい?」と聞いたら、「レ・ミゼラブル」という答え。ヤクーバはピンとこないって。へえ、そうか。迷うなあ。でも最後に考えたのは、「戦わない勇気」と「赦しの愛」、どちらを子供達に伝えたいのかと自問し、結局「レ・ミゼラブル」で行くことにしたのです。

当日。3組もこの本を読んだことがあるのは1人だけ。前の2クラスと同じように一生懸命に読んでみました。ありがたかったのは、先生が読み終わった後、フォローに入ってくれたこと。まず「話が分かった人?」と聞いたら、手を挙げたのは数人。その子達に「どう思ったの?」と質問すると、いくつかの答えが返ってきました。「今の感想でこの話が分かった人?」と再質問すると、さっきよりずっと多くの子が手を挙げました。

1度聞いただけでは分かりにくいテーマですが、少しずつ掘り下げていくと子供達も分かっていくのです。先生が「最後に何かありますか」と言われたので、「友達の中にはいろんな子がいるけど、その子を愛すること、許すことによってその子の心が変わるということがあるんだよ。これから中学校に行く中で、そんなことも考えて欲しい」と話しました。先生は「お父さんは何カ月もかけてこの本を決めたんだよ。先生も相談を受けた」と説明してくれました。こういうフォローをしてもらえると、ただ読みっぱなしではなく、そのときの子供達の心に入っていくような読み聞かせになるなあ、と今年度一番の充足感を感じたのでした。

家に帰ると娘が、「学校の図書館でレ・ミゼラブルを探しに行った子がいた」と報告してくれました。たかだか10分の活動ですが、それが子供達に何かを提供するきっかけになればとても嬉しいです。

さて、話はすでにだいぶ長いのですが、もう少し続きます。昨晩(3月5日深夜)、NHK・BSハイビジョンでなんと!「レ・ミゼラブル25周年記念コンサート」が放送されていました。イギリスで上演されたミュージカルをノーカットで放送しているのです。気がついたときはもう半分過ぎていて、残りを慌てて録画しました。

Les_main2実は、大学時代に帝劇で日本版のミュージカル「レ・ミゼラブル」を見て、止めどなく涙が流れた経験があり、いつか家族にこのミュージカルを見せたいと思っていました。今年は日本でもロンドン初演以来25年を記念した特別な年です。今はS席が13500円、私が学生のときは確か10000円でした。このミュージカルをテレビで見れてしまうなんて! しかも読み聞かせを終えた直後に。信じられないほどのグッドタイミングでした。

前半の、犯罪者の烙印に心すさんだジャン・バルジャン、司祭との出会いによる改心、ファンテーヌやコゼットとの出会いは見逃してしまいましたが、後半、コゼットとマリウスが恋に落ちる場面、エポニーヌの実らぬ恋、自由を求めて革命に走る若者達とその挫折、ジャン・バルジャンとジャベール警部のせめぎ合い、そして年老い、幸福感に満ちてこの世を去るジャン・バルジャンの姿…登場人物達の思いの1つ1つにまたも涙があふれ出てしまいました。この物語の力、そしてそれを題材としたこのミュージカルの力は本当にすばらしい。

このミュージカルを見て学生時代から最も印象に残っているのは、キリスト教精神に貫かれた物語には、いくつかの異なる「神」観が描かれていることです。1つは宿屋の主人・テナルディエ夫妻の「御利益の神」。2つめはジャベール警部の「裁きの神」。そして3つめは、ジャン・バルジャンの「愛と赦しの神」。

テナルディエは強欲で、金儲けばかり考えている宿屋の主人。ファンテーヌから娘のコゼットを預かりますが、過酷な労働を強い、ファンテーヌには追加の仕送りを要請し続けます。学生達の政治闘争が起こって死者が出たとき、そこから金目のものを奪っていくというとんでもない人物。こんな人間でも神の名を口にするのですが、それは御利益の神なのです。

ジャベールは警部ということもあり、正義を求める人物です。犯罪は許さない。ジャン・バルジャンの過去を追い続け、いつか逮捕しようと狙っています。学生達の革命運動に対しても、既存の秩序を揺るがすものとして抑圧する側に立ちます。

そしてジャン・バルジャンが信じるのは愛と赦しの神。改心のきっかけ自体が司祭に罪を赦された上にさらなる愛を受けるという出会いでしたから、その後の彼の人生は、こうした人生観に貫かれていきます。ジャン・バルジャンは学生達に捉えられたジャベールを逃がし、自身は傷ついたマリウスを助ける。敵を許し、他者を命がけで助け、自身は逃げも隠れもしない。正義を追い求めてきたジャベールはこうしたジャン・バルジャンの姿に、自分の信じてきた生き方を打ち砕かれ、自ら命を絶っていきます。

人生にとって大切なことは何か。多くの苦労の中でも貫かなければならない生き方とは何か。原作が世に出て200年経っても、いきいきと世界で演じ続けられるこの作品は、やはり魅力的です。いじめなど、さみしい心が生み出す陰険な事件を耳にするたび、こうした作品が子供達にも届くといいのだけれど、と思うのです。

なお、NHK・BS2で3月14日(月)(13日深夜)00:40から、 プレミアムシアター「レ・ミゼラブル25周年記念コンサート」が放送されるようです。今度は見逃さないぞおぉぉ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土曜日)

心を磨くトイレ掃除〈いわき掃除に学ぶ会〉

Xsc110219_107_3「トイレの神様」を聞くと、毎度泣けてきます。
「ちゃんと育ててくれたのに/恩返しもしてないのに/いい孫じゃなかったのに/こんな私を/待っててくれたんやね」というところです。
「トイレには/それはそれはキレイな女神様がいるんやで/だから毎日キレイにしたら/女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで」と語ってくれたすてきなおばあちゃん。そう。トイレ掃除をするとべっぴんさんになれるのです。

いや、私にそんな偉そうなことを言う資格はないのですが、2005年、いわき青年会議所で「人間力開発委員会」の委員長だった高橋克巳君が企画して、常磐のホテルいづみやさんのトイレ掃除をやったことがありました。残念ながらそのとき私は参加できなかったのですが、トイレ掃除が人の心を変えるのだということをそのとき知りました(あくまで頭でね)。

このトイレ掃除はただのトイレ掃除ではありません。素手で便器を磨き、ピカピカにするというものでした。こうしたトイレ掃除の始まりは、イエローハットの創業者・鍵山秀三郎さんです。イエローハットはトイレ掃除で伸びた会社だというのです。ネット上には鍵山さんのインタビューなどがたくさん出ています。
http://yogananda.cc/daily/in/kagiyama.html
http://www2.shizuokanet.ne.jp/sabu/hidesaburo.html
http://smpy.jp/int/int0021_a.html
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1753

映像もあります。
http://www.youtube.com/watch?v=Nn4tYi_NHOo

著書はこちらです(…JK22HJのところまでがリンクです)。
http://www.amazon.co.jp/鍵山-秀三郎/e/B003UWAL9K/ref=ep_sprkl_at_B003UWAL9K?pf_rd_p=97771389&pf_rd_s=auto-sparkle&pf_rd_t=301&pf_rd_i=%E9%8D%B5%E5%B1%B1%E7%A7%80%E4%B8%89%E9%83%8E&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=1N5Q1RB6HH8ZWZJK22HJ

で、鍵山さんの精神と実践に感化されて、全国に「掃除に学ぶ会」が出来てきたようです。
http://www.souji.jp/

Xsc110219_104いわきでは阿呆鳥の菊池章夫さんがこの活動を進めていて、いわき市内の学校でトイレ掃除を行っているのです。今年度のいわき市PTA連合会の研修会で菊池さんが講師を務め、そのときに「トイレ掃除やる学校募集!」を訴えました。私の心もヒクヒク動きましたが、いざやるとなるとそれなりに大変なのは分かっていますので躊躇していましたが、私が所属する小名浜東小PTAのK副会長から、うちの学校でも是非やってみたい、という話があり、まずはその現場を見学しようと、市内の大浦小学校を訪れたのでした。

Xsc110219_093聞いてみると大浦小では市連P大会の翌日に菊池さんにお話をしたということで、私の躊躇ぶりとはちょっと違う、すばらしい決断をされていたのでした。タイトルが「第6回いわき掃除に学ぶ会」ですので、どうやらいわきでは6回目のようです。つまり、まだそれほど取り組んだ人はいないのですね。

前置きが長くなってしまいました。なぜトイレ掃除か。頂いた資料によると
1.心を磨く
2.謙虚な人になれる
3.気づく人になれる
4.感動心を育む
5.感謝の心が芽生える

1つ1つ説明すると長くなってしまいますが、「汚いトイレ」を「素手で磨く」のは修行に他なりません。トイレを磨くと言いながら、実は自分の心を磨いているわけです。もっとも汚い場所をもっともキレイにする作業は人の心を変えてくれます。謙虚さ、感謝、感動が心に生まれます。そしてそれは、言葉でいくら言ってもだめ。やってみないと分からないのです。

な~んて分かったようなことを言いましたが、私も2時間かけて素手でのトイレ掃除なんて初めて。ちょっとイヤなような、でもそこに何かが待っているだろうという期待感を感じながら、大浦小にやってきました。

以下、たくさんの写真でその様子をお伝えします。

開会式は朝8時半。何人かの方の挨拶や説明などを頂いて、大浦小の子供達や保護者の方々に混じり、割り当てられたトイレに向かいました。私は4班。
Xsc110219_061 

 

 
まずは道具を準備。
Xsc110219_015 

 

  
トイレットペーパーなどは濡れてしまったりするので、トイレから出します。
Xsc110219_017  

 

 

 
7つ道具の数々。7つどころか30数個のツールが並んでいます。
Xsc110219_021 

 

 
トイレ掃除は便器だけではない。蛍光灯もキレイにするため、はずします。
Xsc110219_023

 

 

 

換気扇も掃除なんてしたことないよね~。指導をしてくださった「たむら掃除に学ぶ会」の永井さんがほうきでゴミを取り除きます。
Xsc110219_031 

 

 
保護者と子供達が協力してトイレ掃除。素手で磨いてますねえ、お母さん。
Xsc110219_032Xsc110219_036Xsc110219_052

 

 

洋式便器もキレイに(左)
小便器を磨くうちの家内(中央左)
手袋つけて長靴はいて、しっかり磨いてます(中央右)
本日の最高傑作。床をガッと踏みしめ、左手で便器をつかみ、右手で磨いてます。お母さん、便器に頭突っ込んでますよお。すばらしいの一言です。(右)
Xsc110219_033Xsc110219_034Xsc110219_035Xsc110219_037

 

 

 

私は家内と2人で小便器掃除。私は排水口の尿石取りに1時間ぐらい費やしました。カミさんはフラッシュバルブ磨き。どちらもピッカピカです。
Xsc110219_046Xsc110219_047

 

 

これは掃除前のトイレ。よく見てください。大便器には「さぼったリング」が。
Xsc110219_007Xsc110219_010 

 

  

 
それがこの輝きです。掃除口も磨きましたよ~。
Xsc110219_067Xsc110219_072

 

 

換気扇も洋式便器もピカピカです。
Xsc110219_069Xsc110219_068_2

 

 

 

では、詳細な対比を。私の磨いた小便器です。どうですか! この変化! でも少し黄ばみが残ってるなあ。もうちょっとやりたかった。
Xsc110219_043Xsc110219_054 

 

 
こちらは反対側。よく見ないと、縁の内側の汚れを見落としてしまう。
Xsc110219_040Xsc110219_055 

 

 
排水口の尿石はすごい。学校始まって以来、こんなの真剣に削り取ろうとしたことはないんだろうなあ。いやあ、大変でしたよ。マイナスドライバーでこそげ落としましたが、なかなか落ちない。底の方までは結局落としきれなかったけど、でもすごいでしょ!
Xsc110219_041Xsc110219_071  

  

 
床にボルト止めしてあるところも汚い、汚い。金属だからサビもあるんだよねえ。
Xsc110219_042Xsc110219_053 

 

 
フラッシュバルブ、ピカピカになりましたよ~。
Xsc110219_065 

 

 

 

最後は道具をキレイにし、全部揃っているかをリストで確認。無事全部回収できました。
Xsc110219_070Xsc110219_089  

 

 

 

掃除終了後は班ごとに反省会。そして全体で体験発表会。私も感想を発表させていただきました。 
Xsc110219_091Xsc110219_098_3 

  

 

子供達の感想はどれもいいものでした。素手でトイレ掃除なんて最初はイヤだったけど、やり始めたら夢中になった、という子ばかりでした。トイレ掃除が世界を救う…なんて言葉も決して大げさではない気がしました。

こういう輪をいわきにもっと広げないといけないですねえ。大浦小の皆様、ホントにお疲れ様でした。そして、今日の体験を大事にしていきましょうねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土曜日)

これぞ子供!〈郷ヶ丘幼稚園〉

今日は郷ヶ丘幼稚園で保育発表会。お隣の郷ヶ丘小学校の体育館で、日頃の保育の成果を保護者に発表する。幼稚園も「いわき大好き!」の対象に入るのかと言えば、入るのである。いわきにこういう幼稚園があるのは素晴らしい。

この幼稚園への思い入れは書き出すと長くなってしまうが、現代の子供達に大きく欠けているのは、子供らしいたくましさだと思う。かつては子供同士で毎日野山を駆けめぐる中で肉体の基礎ができ、情緒の基礎ができ、人間関係の基礎が出来上がったのだと思う。今は自然とそういうことができる時代でなくなってしまったので、幼稚園がこうしたことを実現するような保育をしてくれるのは貴重なことだ。

郷ヶ丘の大きな特徴は体づくり。毎日のようにリズム遊びを行い、引き締まったいい体の子供になる。郷ヶ丘に肥満の子はほとんどいない。長女・姫佳も次女・翠も卒園時には足腰がしっかりしていて、太ももなど筋肉が盛り上がっていた。

勉強に力を入れる幼稚園など言語道断。幼稚園で勉強したところで身に付くものはたかが知れている。それよりも肉体と情緒がしっかりと育っていれば、例えば大学受験の時にどこまでも頑張る力がつくはずだ。勉強するにしてもスポーツするにしても芸術をやるにしても、幼児期の遊び、体づくりが最も大事だと思う。

ということで、今日は日頃の保育でやっていることの発表会。リズムの他、親が子供を抱っこして目を見つめて、意外と忘れられている親子のスキンシップをしたり、年長だけが行う御神楽(みかぐら)踊り、コマ回しを披露したり、子供の成長ぶりを確かめることができた。

XMG_0590 XMG_0585 XMG_0577 XMG_0561 XMG_0596XMG_0598XMG_0610 XMG_0615 XMG_0616 XMG_0618 XMG_0630 もちろん郷ヶ丘が取り組んでいるのは体づくりだけではなく、お絵かき、演劇鑑賞、伝統的年中行事などなど。発達心理学をベースにした、一人ひとりの発達を促す保育である。これから幼稚園をお探しの方は、是非是非郷ヶ丘幼稚園へ。また、他の幼稚園でも是非こうした保育をやってもらいたいものだ。すべての子供に必要なのはこういう保育なのである。

XMG_0547 XMG_0606

| | コメント (0) | トラックバック (0)