« 2012年6月10日 | トップページ | 2012年7月11日 »

2012年6月14日 (木曜日)

小沢一郎という政治家

Photo_4週刊文春で小沢一郎氏の離婚が報じられています。小沢夫人がその思いを支持者に向けて書き綴った手紙も公開されています。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442

私はかつて、小沢氏という政治家に大きな期待を寄せていました。若くして自民党の幹事長まで登り詰め、自分さえその気になればいつでも総理大臣になれるような力を持ちながら自民党を離党、その後の政界再編の流れを作りました。

自民党政権の末期や今の民主党政権を見ていても、政治家というのは政権から離れることを何が何でも避けようとするものであるのがよく分かります。しかし小沢氏は宮沢内閣不信任案に賛成し、決然と自民党を去ったのです。そのとき私は、度肝を抜かれるぐらい驚きました。

その後の小沢氏は新しい日本社会を作るため、一貫した政治行動を取っていると見ていました。新進党から自由党に至り、自助・自立を基調とした日本社会のあり方を明確に述べていて、自由党の理念「フリー」「フェア」「オープン」には強く共感していました。まずは自分の力で生きていくこと、そのような自立した人々が自由で公正な社会の中で活力ある生き方をしていくことこそが日本社会の力だ、ということです。

しかし、政治の世界は多数を取らない限り、素晴らしい理念も実現することは出来ません。小沢氏の選択は民主党への合流ということで、この時点で小沢氏は大きな路線変更をすることになりました。今の民主党のばらまき政策-高速道路無料化、高校無償化、農家の戸別所得保障…はかつての自助・自立という小沢氏の理念とどう考えても整合性が取れません。小沢氏の政治目的は、「理念は別として、非自民の政権を樹立し、それを維持する」ことのみに矮小化してしまったのだと感じます。

今回の文春の報道について、真偽のほどは分かりません。が、よもや夫人直筆の手紙をねつ造もしないでしょうから、小沢夫人の思いとこの手紙の存在は事実なのかと思っています。そこに綴られているのは家庭的なスキャンダルと震災時の郷土への姿勢ということですが、かつて私が期待した政治家の姿はここにはないという思いが募ります。

ただ、小沢氏がかつての理想を貫ききれなかったのは、やはり結局は多数を取らなければ物事を実現できない民主主義というルールに起因しています。そして、民主主義社会において社会の方向性を選択するのは我々有権者自身だということです。小沢氏が目指した社会の姿が本当に良かったかどうかは議論があるところでしょうが、新自由クラブから始まって、みんなの党やたちあがれ日本、新党改革など、何らかの思いを持った少数政党がなかなか志を遂げられないのも残念なことです。

政治家を批判するということは結局、天につばするようなもので、そういう政治家を選んできた有権者自身に矛先は返ってきます。日本社会はもっともっと成熟することが必要なのではないかと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月10日 | トップページ | 2012年7月11日 »