« 2011年1月10日 | トップページ | 2011年1月19日 »

2011年1月16日 (日曜日)

とりあえず最後の大型船〈にっぽん丸入港〉

Xsc110116_019本日、小名浜港2号埠頭(アクアマリンふくしま前)に大型客船にっぽん丸が入港しました。にっぽん丸は日本丸ではなく、帆船かと思ったら客船なのでした。一昨年から何度か「飛鳥Ⅱ」という日本最大の豪華客船が小名浜港に入港しましたが、それに続く豪華客船の来訪です。今日は次女と三女、そして次女の友達と三女の友達を車に乗せて、小名浜港に行ってきました。

Xsc110116_023いやあ、今日は寒かった。朝起きると小名浜には珍しい一面銀世界になっていて、午後1時頃に出掛けたものの、日陰の道路はまだ凍り付いたまま。運転も慎重になるような陽気でした。海はまた一段と寒く、厚着をしていても冷たい風が衣服を染み通ってきます。

でも快晴の好天の中、にっぽん丸は清々しく埠頭に着岸していました。いやあ、大きい大きい。立派な客船です。にっぽん丸は商船三井が運行するクルーズ客船。現在就航しているのは3代目で、1990年に進水式が行われたのだとか。

Xsc110116_034子供達が「ビルみた~い」と言うので、「ビルそのものだよ」と答えました。1、2、3、4…と数えてみると8階建て(というのか?)。客室はもちろん、プール、スポーツバー、大浴場、ブティック、カジノ、茶室、診療所などの設備があるようです。死ぬまでに一度、こんな船で日本や世界を旅してみたいものです。

Photo今回は横浜発着で「冬の北海道と小名浜クルーズ」4泊5日の旅。小名浜には今朝8時に入港し、午後2時半に出航しました。オプショナルツアーとして「いわきの温泉と歴史探訪」「いわきの名所と旬の食材に癒されるひと時」が用意されており、常磐炭鉱の産業遺産、湯本温泉、アンコウ鍋、塩屋埼などを味わっていただいたようです。船内ではささきいさおさんのショーもあったのですね。
http://www.nipponmaru.jp/pamphlet/2010.10-2011.2SH/index.html#page=33

いわきでの受け入れ窓口はいわき市産業・港湾振興課。港湾行政の市の窓口です。市と民間で「小名浜港歓迎訪船実行委員会」というのを作って、飛鳥Ⅱのときから誘致活動を行ってきました。私も2年前にはこの実行委員会で若干のお手伝いをさせていただきました。
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/topics/009807.html

Xsc110116_031実行委員会では朝は入港セレモニー(フラダンス、手旗信号)、そして歓迎アトラクション(フラダンス)、午後は出港セレモニーとあれこれ設営で大変です。我々が行ったときは出港Xsc110116_032セレモニーの和太鼓演奏をやっていましたが、その後バンド演奏も行われたようです。船内見学会もあったのですね。船上のお客さん達もアトラクションの様子を眺めてくれていました。

Xsc110116_038飛鳥Ⅱは夏と秋だったせいもあり、車が止められないぐらいの人だかりでしたが、さすがにこの寒さではそれほどの人手ではありませんでした。でも逆に、この寒さなのに、と考えるとよくこれだけの人が来たと思えるような賑わいでした。

タイトルの「とりあえず最後の大型船」というのは、こうした大型船誘致はひとまずこれで終わりということです。せっかく何度か実績を作ったのだから、今後も続けて欲しいところですが、人工島・小名浜東港の建設に伴い、3号埠頭から東港への橋がかけられることとDsc110116_999_3なり、大型船は1、2号埠頭に入れなくなるのです。本日見てみると、橋脚が海面からいくつも顔を覗かせていました。今が入港のギリギリのタイミングなのです。

ただ、「とりあえず」という通り、東港完成後は東港に着岸出来るかもしれないし、風景の変わる3号埠頭が着岸場所になるかもしれません。これから数年間はお休みとなりますが、新しい小名浜港の姿を見に、また豪華船に来てもらいたいものです。

Xsc110116_039冷え切った体を温めに、我らは出店していたブースでもつ煮込み汁を頂き、ほっと一息。そして、小名浜美食ホテル1Fの「まめ庵」にて揚げたてアツアツのカツサンドを頂きました。おおこれはうまい。アツアツでカリカリで、こんなおいしいカツサンドは食べたことがありません。あれえ、HPにカツサンドが出てないじゃないですか。社長さん、よろしく頼みますよ。
Photo_2http://www.bishokuhotel.com/shoplist/mamean/

ということで、冬の小名浜港もなかなか面白いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月10日 | トップページ | 2011年1月19日 »