« 2008年1月28日 | トップページ | 2008年12月16日 »

2008年3月 9日 (日曜日)

クリントンじゃないよ〈小浜〉

★まずはブログランキングに投票してください(^_^;)
http://blog.with2.net/link.php?219484

米大統領選挙の民主党候補指名争いで、当初下馬評が高かったヒラリー・クリントン氏を黒人のバラク・オバマ氏が猛追、逆転を果たしている。それに便乗して、福井県小浜市がオバマ氏の応援を始め、負けじと長崎県雲仙市の小浜温泉も話題になっている。Xsc_0061おいちょっと待てよ。小浜はいわきにもあるじゃないか。いわき市小浜町はどうした。オバマ旋風に便乗しないのか? こういうところがいわきのイマイチなところだよねえ。材料はあるのにPRが下手。…っつーことで、本日はいわきのオバマに行ってきました。

Xsc_0082いわき市民の中でも小浜って知られてないかも。エリアとしては勿来地区に属するが、分かりやすく言うと、いわき健康センターや小名浜オーシャンホテルなどが小浜である。いわき市にある沢山の海水浴場の中でも小浜海水浴場は穴場として知られる(穴場、というのは要はあまり知られていないということだが、これが沢山の人でごった返すのがいいのかというとそうとも言えない)。マピオンで見ると小浜のエリアがよく分かる。小名浜臨海工業団地と常磐共同火力の間のエリアということだ。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=36/55/01.046&el=140/50/27.312&scl=25000&bid=Mlink

Xsc_0045Xsc_0059小浜には小浜漁港がある。小さな港だが、ここに「浜の駅ふらっと」というお食事処がある。ここは漁協のおばさんたちが運営している食堂で、小浜で取れた魚をどんぶり物などにして出すのである。我が家の3人娘を連れて昼飯を食べに行ってみると一杯で、いくらか待つ。Xsc_0057Xsc_0055Xsc_0056_2一番下がまだ幼稚園のため、4人だと大体3人前で足りるので、地魚丼650円、アナゴ丼750円、小女子(コウナゴ)丼700円を頼む。お茶とお冷やが両方出てきたりちぐはぐなところがあっXsc_0058たが、如何にも浜の食堂という感じで、むしろ好感。何でもこの食堂は、水揚げはされたけれども流通ベースには乗りにくい魚を料理して出しているのだという。地魚丼は何の魚だろう、白身の刺身などがどんぶりに盛られ、おいしかった。アナゴ丼は揚げたてのアツアツ、カリカリ、甘じょっぱくておいしかった。Xsc_0046コウナゴというのはあまり食べない魚だが、白魚のように小さくて、卵の黄身と醤油を混ぜ、ご飯に盛って食べる。子供たちはバクバク食べ、足りない雰囲気だったので地魚丼を一つ追加。いや、よく食べた。

店内はドンコの煮付けやひじき、サンマの骨などお持ち帰り品も各種売られている。店の外では白魚を干していたり、ヒラメの干物を干していたり、獲物と覚しきエイやフグなどが置いてあったりして、面白かった。

Xsc_0070子供たちはその後、夏に海水浴場となる砂浜に。波打ち際でしばらく遊んでいた。三女は「足入れてもいい?」というが、おいおいまだ冷たいよ、といって我慢させた。子供って海が好きなんだねえ。自然というのはお金をかけなくても十分楽しい、と改めて思う。

一説によると、小浜は男浜、小名浜は女浜が語源とのこと。真偽は定かではないが、地形的にいうと、突き出た小浜と引っ込んだ小名浜というのは確かにある。これだけ近くて似たような名前なのは関連性があるのかと思っていたが、こういう語源なら納得できる。

Xsc_0084小名浜が都市化された港とすると、小浜の風景は漁村そのもの。こぢんまりした感じがけっこう好きだ。名所というか、岩間に抜ける急な坂道はまさに「ヘアピンカーブ」で、完全に180度折り返す坂がある。ここを降りると常磐共同火力発電所のエリアになる。

オバマ旋風で小浜市は有名になったが、これを書いていて、ひょっとしていわき市小浜町は今のままがいいのかな、と思いが変わってきたところである。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年1月28日 | トップページ | 2008年12月16日 »