« 炭礦発祥地めぐり〈内郷〉 | トップページ | <(_ _)>〈小名浜まちづくりステーション〉 »

2007年6月25日 (月曜日)

今年も来たアスリートの季節〈トライアスロン〉

★まずはブログランキングに投票してください(^_^;)
http://blog.with2.net/link.php?219484

03本日、「第3回太平洋トライアスロンinいわき」が開催された。この大会はいわき青年会議所の創立記念事業として始められたもので、私も立ち上げに関わっていた。が、第1回、第2回と不運が続いた。いわきの素晴らしいロケーション、スタッフの工夫を凝らした企画、福島県トライアスロン協会の全面的協力等大会の条件は整っていたのだが、2回とも直前に台風が襲来し、水泳が出来なかった。それでもいい大会にはなったが、スイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(マラソン)の3つが揃って初めて「トライ(3種の)アスロン(競技)」だから、我が大会は「デュアスロン(2種の競技)」になってしまい、不全感はいかんともし難かった。

第3回の今年は台風の季節を避け9月から6月にシフト、コースも[永崎海岸→新舞子]から、[サンマリーナ→アクアマリン]という、立ち上げの時に目指し実現しなかった夢のコースで行うことになった。そして見事、今回はすっっっっばらしい大会になった。過去2年の恨みを晴らしてもらえて、私はたいっっっっへん、うれしい!

Xmg_6468すでにJCを卒業した私はボランティアとして参加。今日は梅雨の合間の夏空。昨年までは朝5時、6時に集合すると真っ暗だったが、この季節はすっかり夜は明けている。それだけでも気分は上々。大会本部のいわきサンマリーナはスタッフが準備を整え、Xmg_6474500名に及ぶボランティアが続々と詰めかけていた。私はアクアマリン前の警備を仰せつかったのでサンマリーナでのレースの模様は見ることが出来なかったのだが(写真もスイムは会場の模様のみ)、太平洋に面したきらめくマリーナでスイム1.5㎞が行われ、美しい吊り桟橋が心臓破りの坂としてバイクのスタートコースとなった。県トライアスロン協会の森崎さんによれば、このロケーションは国際大会も出来るほど素晴らしいということだ。バイクはマリーナから、小名浜の臨海部を走る6車線の産業道路を完全封鎖して進み、宝石のような水族館・アクアマリンふくしまを折り返し地点として3周回、40㎞。最後のラン10㎞は再びマリーナからアクアマリンを目指し、アクアマリンをグルリと回ってアクアマリンパーク内へ。来年改装・オープン予定の倉庫群を回っていわき・ら・ら・ミュウ前でフィニッシュ!というコースだ。
http://www.triathlon-iwaki.com/top.html

Xmg_6484今回は大学の大会と日程がかち合い、大学生の参加が少なかったが、それでも170名近くの選手が出場。Xmg_6486レースは県内出身の五輪選手、西内洋行さん(6月17日現在で今年のジャパンランキング男子1位)がダントツで勝利した。が、トライアスロンは順位もさることながら、過酷なレースだけに多くの選手が完走を目標にする。老若男女、20代から60代まで、男も女も、自分と闘い勝利していく様は感動的だ。完走した一人一人が勝利者なのである。私は一人一人に声援を送りながら、今日の大会を見届けた。

そ・し・て、もう一つのトライアスロン大会が7月15日に開かれる。それは、第2回となる「2007JTUスーパースプリントトライアスロン選手権小名浜港大会」だ。これは一般選手が中心の太平洋大会と違い、ランキングをもった日本のトップ選手だけが参加するハイレベルの大会だ。スーパースプリントは、計51.5㎞のオリンピックディスタンスより大幅に短い距離を競う。スイム250m、バイク3.6㎞、ラン1.2㎞、計5.05㎞。これを3クール闘い、ポイントを競う。距離が短い分ハイスピードとなり、通常のトライアスロンに比べ激しいレースとなる。しかも3クールなので選手にとっては相当きついだろうが、日本のトライアスロンが世界レベルに達するためには、スーパースプリント大会がもっと必要なのだそうだ。

トライアスロンの国内公式戦はNTTトライアスロンジャパンカップと呼ばれるが、それはトップオブトップス大会が2戦、トップ大会が10戦となっており、小名浜港大会はそのトップ大会の1つに数えられる。そのうちスーパースプリントは酒田、小名浜、銚子の3大会で、第1回の昨年から小名浜港大会は国内トップレベルの重要な大会になっているのである。
http://www.jtu.or.jp/ranking/index.html

私は昨年もこの大会を見たが、とにかく迫力があって面白い。小名浜港のロケーションがまた最高にいい。太平洋大会でも分かるとおり、一般にトライアスロンは(マラソンなどもそうだろうが)長距離に渡るため、レースの一部しか目にすることが出来ない。が、小名浜港大会はスイムもバイクもランもグルリと見渡せる会場で行われる。トライアスロンの醍醐味を観衆として最高に楽しめる大会なのだ。

スーパースプリントは必見! いわきに住んでいてこの大会を見ないのはちょっともったいない。万難を排して、7月15日はどうぞ小名浜港においで下さい(レースは女子第1ヒート9:55~、第2ヒート10:25~、第3ヒート10:55~、男子1ヒート11:30~、第2ヒート11:57~、第3ヒート12:24~)。
http://www.onahama.jp/sst_onahamako/index.htm

|

« 炭礦発祥地めぐり〈内郷〉 | トップページ | <(_ _)>〈小名浜まちづくりステーション〉 »

コメント

ただいま~~♪久しぶりにこのブログに帰ってきました。元気してる~~~~っ。初めてトライアスロン見た~~~っ。
この私も3年ぶりにいわき青年会議所の事業にボランティアとして参加してしまいました・・・・・とほほ
昨年までの9月では忙しくてお手伝いもできないもんね!
とはいっても、日曜日も仕事があるので朝5時から9時までという限定ボラでしたが・・・久しぶりにJCの皆さんの顔をみました。若隠居さんもおひさ~ですね・・・・
順三ちゃんには会えませんでしたが、残念!!
出場選手の皆さんの受付のお手伝いを本部テントでしてました。目立たないようにグラサン付けて額に汗してガッバって見ました。うしし
また来るよ~~~!!!!

投稿: たかぼ | 2007年6月29日 (金曜日) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161453/15547311

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も来たアスリートの季節〈トライアスロン〉:

« 炭礦発祥地めぐり〈内郷〉 | トップページ | <(_ _)>〈小名浜まちづくりステーション〉 »