« 開花しました!〈小名浜測候所〉 | トップページ | 意外に見所満載〈田人〉 »

2007年4月16日 (月曜日)

至福のディナー〈仏蘭西遊膳まつうら〉

★まずはブログランキングに投票してください(^_^;)
http://blog.with2.net/link.php?219484

もう2週間前のことになってしまったが、3月は年度の区切り。幼稚園のPTAも1年を終えて打ち上げ会ということに。会場は、どうせなら満足感を味わえるお食事がいいなあ…と頭をひねること1分。おおそうだ、そうだ、まつうらにしよう! と結論は早かった。副会長のお母さんも賛成!ということで、10人ちょっとのディナーと相成った。

Xmg_5936Xmg_5934フランス料理ということで、あるお母さんは何を着ていこうかしらとお悩みになったそうだが、このお店、お箸で食べるフレンチレストラン。料理の質の高さと対照的に、変にかしこまらない楽な雰囲気がいいのである。お店のHPに「仏蘭西遊膳」の説明がある。「四季折々の歳時記をテーマに、旬の地場素材を材料に、フランス料理の優雅さと日本料理の繊細さを織り込んだまつうらオリジナルの仏蘭西懐石料理をお楽しみ下さい」。場所は平・松尾病院のすぐ横である。
http://www.f-matsuura.jp/

Xmg_5883この日のメニューは、前菜・スープ・魚料理・肉料Xmg_5885理・御飯・汁・香の物・デザート・コーヒー・パン。「美味しんぼ」風に「まったりとして、それでいてしつこくない」とか微妙かつ的確な表現で料理の解説ができればいいのだが、白状してしまえば、それほど微妙さを表す味覚と表現力を持ち合わせていない。このブログで食にまつわるテーマが少ないのはそういう理由である。が、とにかく美味しい。充足感がある。料理が美味しいと会話も弾む。私がそういうのだから間違いない。もう一つ白状すると、ブログに載せるためにすべての料理を写真に撮ろうと思ったXmg_5893が、つい箸を急いで2、3撮り損ねてしまった。Xmg_5902ああ、恥ずかしい。とにかく、エビと野菜の前菜も美味しかったし、スープもコクがあって美味しかった。肉も軟らかくて美味。デザートのプリンがまた、ちょっと他にない口当たりの良さであった(いや、やはり食べてみないと伝わりませんね)。

オーナーシェフの松浦さんは京王プラザホテルから報徳苑の料理長を経て、この店を開かれたそうだ。お話しするととても気さくな方で、お店の楽な雰囲気もこうした人柄が反映しているのか。できればシェフのお顔も紹介させていただきたかったが、残念ながら遠慮されたので載せることができない。少し前に奥様が手を怪我されて、しばらくの間予約しないと利用できない状況にある。が、奥様もお店には出ていらして、早く完治されることを願うばかりだ。

グルメにはほど遠い私だが、まちにこうした上質のお店があるというのは嬉しいことだ。しかも、地元で取れた旬の素材を上手に料理していただけるのは素晴らしい。こうして幼稚園PTAの年度末、3月31日が幕を閉じた。我が末娘も4月から年長さん。親子共々ラストの1年を迎えるに当たり、よい一日を過ごさせていただいたと感謝。

|

« 開花しました!〈小名浜測候所〉 | トップページ | 意外に見所満載〈田人〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161453/14501989

この記事へのトラックバック一覧です: 至福のディナー〈仏蘭西遊膳まつうら〉:

« 開花しました!〈小名浜測候所〉 | トップページ | 意外に見所満載〈田人〉 »