« 2006年8月15日 | トップページ | 2006年9月23日 »

2006年8月25日 (金曜日)

慰霊の伝統芸能〈じゃんがら〉

Xmg_3080いつだったか、カーラジオをつけたら民謡の番組をやっていた。「盆踊り」の特集だったが、最初の曲が何と「じゃんがら」だった。何でだ?と思ったが、次のように説明していた。盆踊りはお盆の踊り。つまり、先祖の慰霊の踊りだというわけだ。じゃんがらはまさに先祖の慰霊の踊りであり、これぞ盆踊り中の盆踊りだということになる。な~るほど!

Xmg_3093毎年お盆になると、新盆の家をじゃんがらが回る。腰の下に下げた太鼓を独特のリズムと動きでドンドコ激しくたたく。10数人の鉦(かね)がチャンカチャンカ音を鳴らしながら太鼓の周りを回る。衣装もノースリーブの着物に、背中の後へ長く垂らした白いたすき、白い腕カバー(情緒がない表現だね。何と呼ぶのか)、白い鉢巻きと独特のいでたち。

Xmg_3098じゃんがらの権威とされる夏井芳徳さんによると、「じゃんがら念仏踊り」は茨城県の泡斉というお坊さんの「泡斉念仏踊り」にいわきの民謡を取り入れ、独自の念仏踊りにしたのが始まりで、1656年7月、小川江筋の開削者・沢村勘兵衛勝為の一周忌に上平窪の利安寺で踊ったのが始まりということだ。よく聞くのは佑天上人が始めたものというもので、じゃんがらの由来は諸説あるようだが、とにかく400年も前に始まった古い歴史のあるものであることは間違いない。

Xmg_3106当時は老若男女が混じって歌い踊ったもので、今で言えばヨサコイソーランのように民衆がエネルギーを爆発させるようなものだったようだ。しかし、祭りにありがちな男女の性的乱れや明治に入っての西洋化の流れの中で政府から禁止令が出され、じゃんがらは姿を消した。明治28年に再生されたときには現在のようなじゃんがらに姿を変えたということだ。

Xmg_3107そうした変質に対する歴史的評価はさておき、数百年の時間の経過の中で先祖を慰霊する現在の姿になったのは、私はよかったのではないかと思う。いわき各地の青年会が中心となり、それぞれのじゃんがらを伝承している。会によって踊り方は微妙に違うという。全国で有名な祭りが多数ある中、いわきも市民全体が参加できるものをということで、現在「いわき踊り」が毎夏行われているが、言っちゃ悪いが取って付けたような踊りで何か「浅い」と感じる。そうではなくて、じゃんがらをこそいわきの祭りの中心に据えるべきだという意見もある。う~ん、私もそちらに賛成だな。人工的に作ったイベントはどうしても深みがない。そして、宗教性が絡むものには深みが出る。じゃんがらは500年の歴史と今なお息づく先祖への慰霊の心があって、いわき独特の文化的香りを生み出している。

Xmg_3110「いわきはじゃんがらだ」という強い信念を持っていたのが、三共出身で配置薬会社「一貫堂」の社長だった故青田恵太郎さんだった。青田さんの思いをジャズ歌手スージー黒岩さんが受け、じゃんがらとジャズをコラボした「じゃんがらジャズフェスティバル」が行われた。伝統芸能を今に生かす意欲的な試みだと思う。
http://www.geocities.jp/jjf_vol_2/
http://www.hibinoshinbun.com/files/11gou/aota_11.html

…じゃんがらを語ると長くなってしまう。それほどじゃんがらは、いわきならではの魅力ある文化なのである。お盆の時チャンカチャンカという鐘の音が聞こえてくると、ついつい惹かれていく。じゃんがらを踊るのは最近家族が亡くなった家ばかりなので、ただ楽しく見るというわけにはいかない。失った人にどんな思いをこめながら家族がこの慰霊の踊りを見ているのだろうと神妙な気持ちになる。

Xmg_3112実は今年、義理の叔父である蛭田医院の蛭田親先生が亡くなり、じゃんがらがやってきた。小さい頃から熱を出したりするといつも見てもらっていた先生だったので、送る気持ちもひとしおで、じゃんがらを見るのも特別な心持ちになった。

いわきに欠かせないじゃんがらではあるが、もっと広がりを持たせるようなことを考えてもいいのではないかと思う。

※じゃんがらの情報
http://www.denshogo.jp/setumei.htm
http://www.denshogo.jp/rekisi.htm
http://www.iwakimc.com/sozo/29/res_1.html
http://www2m.biglobe.ne.jp/~momotaro/talk/localstory/jangara1.htm
http://www.tif.ne.jp/jpn/ati/SearchColumnDetail_a-8-g-184-c-1023.pst
http://blog.goo.ne.jp/ebistrade11/e/837a512c3b30226fe8d39d4b0e013e49
http://www.culture.fks.ed.jp/mingei/iwaki.html
http://www1.ttcn.ne.jp/~yoiyami/jangara/jangarast1.htm
http://www5f.biglobe.ne.jp/~hanakotoba/jyongaranenbutu.htm
http://www1.ttcn.ne.jp/yoiyami/jangara/jangara1.htm
http://www.unsui.info/summer/iwaki.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年8月15日 | トップページ | 2006年9月23日 »