« お知らせ〈スーパースプリントトライアスロン〉 | トップページ | 夏の夜空に大輪の花〈小名浜花火大会〉 »

2006年7月18日 (火曜日)

いきなり日本の10大大会に〈小名浜港トライアスロン〉

◆いわきWEBアワード2006エントリー中◆
http://www.iwaki-webaward.com/
★まずはブログランキングに投票してください(^_^;)
http://blog.with2.net/link.php?219484

「こんないい大会だとは思わなかった」「来年も是非来たいと思います」
-オリンピックやワールドカップに出場経験を持つ日本トップクラスの選手たちが口々にこう言うのを聞き、嬉しくなった。

先週の予告通り、7月15日、アクアマリンパークで「小名浜港スーパースプリントトライアスロン大会」が開催された。たぶん面白い大会になるだろうと思ってはいたが、それは予想を超えたものだった。

鍛え抜かれた肉体と浅黒い肌、スイム-バイク-ランと視界の中でめまぐるしく移り変わる競技、スイムで後れた選手がバイクやランで逆転する面白さ、ゴール直前のデットヒート…世界的にも新しいスポーツで、競技の重なる水泳やマラソンなどに比べても今ひとつ認知されていないトライアスロンだが、この競技ならではの面白さが凝縮されたのが「スーパースプリント」だと実感した。たぶん一番魅了されたのは、トライアスロンを見たこともないまま準備してきたスタッフ自身だったのではないだろうか。

つべこべ言わずに、まずは写真を見てもらおう。 Xmg_2450_2Xmg_2467_1Xmg_2474_5Xmg_2388_2Xmg_2457_1Xmg_2472_2Xmg_2473_1

男子と女子がごっちゃになっているが、レースの流れを見てもらうために分かりやすい写真を選んだ。

日頃は広々としているこの空間が、一大レース会場に変身した姿が楽しかった。一昔前までここは工業港として「立入禁止」の看板が立っていた。中学校ぐらいの頃、この看板を気にしつつ中に入った記憶がある。それがこんな風になっちゃうなんて、とちょっとした感慨がある。

Xmg_2494大会は女子が3ヒートともトップを守りきった関根明子選手、男子が各ヒート手堅く上位につけたレースディレクターの西内洋行選手が優勝した。表彰式では最近発足した「トライアスロン議員連盟」の岩城光英参議院議員や小杉隆元文相が挨拶。入賞者にはガラス細工のメダルが授与されていた。

Xmg_2532_2Xmg_2534_1Xmg_2547_1懇親会を兼ねた閉会式では選手と大会役員、ボランティアの高校生などがいわきのカツオなどに舌鼓を打っていた。西内レースディレクターがマイクを持ち、この大会の感想を述べて欲しいと言うと、指名された選手たちが冒頭のような嬉しい感想を述べてくれた。コースについて若干要望があった他は「絶賛」に近いものがあった。私も東北大学や東京ベルディの選手らと話をしたが、ランのゴール前で両側にギャラリーがいてたくさん声援してくれたことなどが良かったと言っていた。大会役員の方やボランティアの女の子たちがスタッフTシャツにたくさんのサインをもらっていた。

日本トライアスロン連合のHPを見ていただければ分かるが、年間で日本のトップ選手を決めるジャパンランキングの対象となる大会は10しかない。今回の小名浜港スーパースプリントは初開催でいきなりこのトップ10入りしてしまった。この競技の奥行きの深さはまだまだあると思うので、是非いわきをトライアスロンのメッカに育て上げたいものだ。
http://www.jtu.or.jp/index.html

|

« お知らせ〈スーパースプリントトライアスロン〉 | トップページ | 夏の夜空に大輪の花〈小名浜花火大会〉 »

コメント

よかったですね。
出場者の評価が高い大会は必ず成功します。ランニングの例でいうと、どうしてもコース設定に無理があったりすると、出場者からの不評をかってしまいます。同様にあまり出場者を集めすぎるのも、走りづらい大会となってしまう。「京都シティハーフ」という人気の大会がありますが、遷都1200年を記念して、初回は12000人集めたけど、大混雑となりました。その後7000人に限定したため、参加者の評価は上がりましたが、古都・京都を7000人走るというのは、やはり、少々無理があるようです。
打ち上げでの参加者の感想、本音でしょうね。できればこのペースで続けてほしいと思います。一回でレースが定着することはありませんが、評価の高いレースを続けることで『いわき』に対する認識も深まることを期待しています。
ランニングの例で恐縮ですが、株式会社ランナーズが運営しているホームページ(RUNNET)に、全国ランニングコース100選というものがあります。
http://www.runnet.jp/race100/top/
評価基準などが参考になるかもしれませんのでお知らせします。ご活用いただければ幸いです。

投稿: shig. | 2006年7月18日 (火曜日) 10時58分

shig.さん、ありがとうございます。

今回の大会はコースディレクターの西内選手が色々な案を出し、選手本意のコースを作りました。世界的な大会ではゴールが少し高くなっていて、ギャラリーから選手のゴールが見えやすくなっているという話があり、足場を組んでそのようなゴールを作ったようです。担当者は大変だったと思いますが。

ラン・バイクの折り返し地点で転倒した選手が割合多かったのですが、もう少し折り返しに余裕があれば、という話が出ていました。次回大会では恐らく改善されるだろうと思います。

主催者側の勝手な思いこみではなく、選手とギャラリー本意のコースづくりをすることが大事なのでしょうね。

投稿: 小野潤三 | 2006年7月19日 (水曜日) 10時39分

トライアスロン大会の日付が間違っていました。7月15日ではなく16日ですね。ただいま本文を直せないので、こちらで訂正いたします。

投稿: 小野潤三 | 2006年7月19日 (水曜日) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161453/10988461

この記事へのトラックバック一覧です: いきなり日本の10大大会に〈小名浜港トライアスロン〉 :

« お知らせ〈スーパースプリントトライアスロン〉 | トップページ | 夏の夜空に大輪の花〈小名浜花火大会〉 »