« 2006年6月12日 | トップページ | 2006年6月24日 »

2006年6月19日 (月曜日)

リニューアルオープン〈フラワーセンター〉

★まずはブログランキングに投票してください(^_^;)
http://blog.with2.net/link.php?219484

Xmg_1743先ほど終わったW杯・日本-クロアチア戦の興奮冷めやらぬ中、のんきにフラワーセンターかよ、という感がなくもないが、GWに出掛けたフラワーセンターのリニューアルオープンに触れないわけにはいくまい。5年前から進められてきた再整備が完了したということで、市制40周年記念にもかこつけられている。

Xmg_1758このときはオープン記念として各種イベントが行われており、人出もかなり多かった。フルート演奏やパントマイムが行われ、勿来や遠野、大久など市内各所の物産が売られていた。

Xmg_1746Xmg_1747Xmg_1752菜の花やチューリップ、パンジーが色鮮やかに敷き詰められているのは、まずきれい。温室ではサボテン、バナナなど熱帯の植物が生えていて、ブーゲンビリアの見事な咲きっぷりには感嘆の声が上がっていた。センター内には600種5万本の植物が生えている。まあ、花の美しさを字面でいくら表現しても意味がないが、カミさんも娘たちも花は大好きなので、こういう場所があることそのものがまずは楽しいことだ。

Xmg_1777子供たちが一番喜ぶのは実はアスレチックなのだが、他にもフラワーライフ館という建物の中でフラワーボトルの講習会が行われていたり、いわき市がここ数年力を入れている太陽光発電のパネルがドカンと何十枚も設置されていたり、風力発電機がランドマークになっていたり、盛りだくさんになっている。

Xmg_1779しばらく来ていなかったのでアレっと思ったのが、入場無料ということ。ブラリと入れる感じは悪くない。それと、この日は行けなかったが、「体験の森」というのが隣接されていて、山の中を散策できるようになっている。会場で樹木医の木田都城子女史に会ったが、この施設について聞くと、もう少しいわきの植生を生かした作りにした方が…ということだった。今年よく思うが、いわきは人工的に作った施設よりも自然そのものを味わえるような仕掛けの方がずっと豊かなものになると思う。こういうところはどうしてもおきまりの公共施設になりかねないが、いわきの特性を生かしたり、こういう散策路などを大事にし、いわき市民がホントの意味で楽しめる空間にしてもらいたいと思う。

何でもこの4月から管理がいわき市から(財)いわき市公園緑地観光公社に移行したとのこと。公共施設の民間委託の流れなのかも知れないが、市と公社でどれほどの違いが出るのだろうか。1週間後に「アドバイザーと歩こう石森山ネイチャーツアー」などというのが企画されているのは面白そうだ。
http://www.iwakicity-park.or.jp/parks/flower_center.html

それにしてもいわき市のホームページは、自らの施設のアピールがホントにへたくそ。これでは行きたいと思わない。もう少し「いわきを売る」精神が必要じゃないかなあ。
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AC020000&WIT_oid=icityv2::Contents::3289

あ、論評に走るのはこのブログの趣旨ではないので、まずは自ら楽しむこと。そうそう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年6月12日 | トップページ | 2006年6月24日 »