« 2006年3月12日 | トップページ | 2006年3月27日 »

2006年3月19日 (日曜日)

ホットな足湯〈湯本温泉〉

XMG_0852昨日、平・専称寺の梅はそろそろかなと思って行ってみたら、まだほとんどつぼみだった。こちらはまた来週。

XMG_0873つづいてこの日新しい足湯のオープンした湯本温泉に。まずは駅前の足湯へ。以前からここには足湯があったが、いつの間にかリニューアルされていて、屋根が付き、「愛湯物語/あし湯」の立派な看板も出来、何より座りやすい木の板がグルリと配置されていて、以前より使いやすくなっている。30分ぐらいつかっていたが意外に気持ちいい。意外というと怒られそうだが、やっぱり温泉はどっぷり肩までつからないと、と思ったのだが、足だけでも充分気持ち良かったので驚いたのだった。

http://www.iwaki-j.net/feature/yumoto/12.html

http://www.tif.ne.jp/jpn/ati/SearchColumnDetail_g-163-a-8-c-1581.pst

XMG_0876 隣の「とうふ工房・奈良屋」で豆腐のソフトクリームと豆腐のドーナツを食べながら足湯につかったが、これまた意外に美味しい。湯本の足湯は全部で3カ所出来たと聞いていたが、他の2カ所の場所がよく分からないのでお店のおばさんに聞いたら親切に教えてくれた。おまけに足湯のつかり方まで教えてもらった。

XMG_0882XMG_0883 というわけで新しい足湯の場所を確認し、この日オープンセレモニーが行われたばかりの「鶴のあし湯」へ。駅から言うと古瀧屋の手前、温泉神社の向かい、という場所。オープンを記念して今日は櫛田市長も来られたそうだが、市内の物産販売なども行われていて賑わっていた。福祉施設の手作り豆腐、遠野町のまんじゅう、同じく遠野の自然薯を購入。自然薯は夕餉(ゆうげ)の食卓に。すり鉢でおろし油で揚げて食べた。ふつうとろろにする芋に比べ粘度がすごい。美味美味。http://furusato.dreamplaza.jp/furusato/7.1/913

XMG_0886そしていよいよ、足湯へ。駅前の「愛湯物語」よりさらに熱い。聞くと源泉から近いし当然薄めたりもしていないので、いいお湯が出ているということだ。給湯口から出ているお湯は熱くてヤケドしそうだった。ここは足湯だけではなく手湯?もあるし、ペット用の足湯まである。面白い。

http://www.tif.ne.jp/jpn/ati/SearchColumnDetail_g-163-a-8-c-1582.pst

いわき湯本温泉は泉質、湯量、歴史などいい要素がたくさんあるが、まちの風景は温泉街の情緒にやや欠けていた。しかしこうして足湯が3カ所出来、駅前から歩いて楽しめる町並みが出来ていけば楽しい。何よりいいのはまちづくりを担う人たちが元気だということだ。この日も登場していた遠野町との交流が最近進んでいて、いい形の連携が出来ているようだ。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

« 2006年3月12日 | トップページ | 2006年3月27日 »