« 2006年2月20日 | トップページ | 2006年3月19日 »

2006年3月12日 (日曜日)

戊辰戦争の傷跡〈二ツ橋・仙臺藩戦死者之碑〉

XMG_0814藤原川にかかる小名浜の二ツ橋近くに戊辰戦争の碑があると聞いて、行ってみた。どこだか少し迷ったが、やっと見つける。今まで数え切れないぐらい通った道だったが、こんな碑があるのに気づかなかった。

XMG_0819 XMG_0810 中央に高い石碑があり、「仙臺藩戦死者之碑」とある。右側に小さな石碑「戊辰役戦没者/仙臺藩士/為大内進冥福/皇紀二千六百年七月十三日」とある。左側には「忠臣戦死墓」かな? よく読めない。更にその左に「戊辰役戦死者の碑/昭和四十三年六月二十九日」とある。皇紀2600年といえば昭和15年。これらの碑が最初いつ建立されたのか、これまでどのように守られているか分からないが、戊辰役から多くの時間が流れても地域の記憶に留められているのが分かる。

戊辰戦争は東北に大きな傷跡を残した。白虎隊の悲劇もあったし、会津は今でも長州とのわだかまりを残している。会津鶴ヶ城は再建されたが、磐城平城は戊辰戦争で焼失して以後再建されていない。この碑が建っている二ツ橋での戦闘があった時、小名浜古湊の代官所も焼かれ、当時の資料はほとんど残っていない。私は小学校から中学校の9年間、「御陣屋跡」の碑の横を通って学校に通っていたが、それが何を意味するのか分かっていなかった。この辺には「御殿後(ごてんご)」という地名があり、変な地名だと思っていたが、今にして思えば代官所の後方ということだったのだろう。いわきに江戸時代以前の歴史の面影が感じられないことの一因はこうしたいくさによってそれまでのものが消え去ってしまったことと、歴史を語り継いでこなかったいわきの市民性があったと思う。

二ツ橋の戦闘では、泉城奪還のために中之作から上陸した仙台藩士が小名浜を経由してこの場所まで来たとき新政府軍の激しい銃撃にあい、30数名が亡くなったのだという。ふだん行き来している場所が、往時は新時代をめぐる命がけの戦闘の場であったかと思うと、今までにない感慨が迫ってきた。地域の歴史を知る大切さを知った思いだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こだわりチーズケーキ〈フェアリーテール〉

XMG_0783XMG_0780XMG_0781 今年に入ってからの習性として、いい場所いいお店を聞くとすぐ行ってみる、という風になっている。金曜日に内郷を通ったとき、美味しいチーズケーキの店があると聞いたので、土曜日の昨日、さっそく行ってみた。

磐城第一高校正門のすぐ前にある「フェアリーテール」という店がそれだ。店内には各種のチーズケーキが並ぶ。カマンベールマジック、ブルーチーズ、まっ茶、チョコマーブル、カリフォルニア、オーストラリアンなど。開店したのが一昨年の暮れだそうで、1年半にもならない新しいお店だ。

2種類ぐらい試してみようとカマンベールとブルーチーズを買って帰ったが、気がつくとカマンベールは子供達に平らげられてしまって、私はブルーチーズしか食べられなかった。食べてみると柔らかくてチーズの風味が口いっぱいに広がった。ん~、これは美味しいかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

見ざる聞かざる…〈常交ジョイプラン〉

XMG_06882週間更新をさぼったら何人かの方からお叱りをいただいた。しかし、先々週はどこにも行けなかったし、先週はいわき三田会で当たった川治温泉一泊二日の旅に行っていたので、「いわき大好き!」のカテゴリーに入らないため、UPできる情報がなかった。

…が、待てよ! 川治温泉はいわきではないが、この旅は常磐交通観光のジョイプランというツアー旅行の一つである。ということは、いわきで行われている企画の一つとして紹介してもいいのだ、と後から気がついた。

こうしたツアー旅行に参加するのは初めてだったが、旅行好きらしい市内の人たち40人ぐらいと2日間を共にし、結構面白かった。日光東照宮に行ったのは中学校の修学旅行以来で、川治温泉、佐野のラーメンと大賑わいのアウトレットモール(佐野プレミアムアウトレット)など、子供達にとっても思い出深い2日間となった。

旅行の前に常交観光さんに行き手続きをしたときに、2年前に亡くなった前社長の野崎俊夫君の話をした。彼はいわきでは群を抜く新進気鋭の企業家であったし、我々の世代の中でいずれいわきのリーダーになる人材であったが、急逝されたときは私も呆然としたものだった。常交の担当の方からは、俊夫君からのプレゼントだと思って行ってきて欲しいと言われた。彼を失ったときの思いを新たにしたのだった。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2006年2月20日 | トップページ | 2006年3月19日 »