« これぞ子供!〈郷ヶ丘幼稚園〉 | トップページ | 見ざる聞かざる…〈常交ジョイプラン〉 »

2006年2月20日 (月曜日)

うだつのある町並み〈小名浜古湊〉

XMG_0645XMG_0643XMG_0648XMG_0650JCも卒業し、今まで不義理をしていた小名浜まちづくり市民会議に出始めている。そしたらさっそく広報紙で小名浜の風景を書くことになり、誠に安易ながら実家の近くを取り上げることにした。

市民会議では古湊地区を歴史と文化の地区に位置づけており、中でも「うだつ」のある町並みに注目している。とても保存に値する町並みだとは思えなかったが、「うだつ」は確かに独特の建築なのである。写真は左から酢屋、かんじ屋、塩屋の建物。私の実家は塩屋。酢屋や塩屋は勿論、酢や塩を売っていたわけではなく、屋号である。かんじ屋も漢字を売ってはいない。

ネットで調べるとうだつの由来は中国らしく、日本では中世に京都・奈良で始まったという。うだつは卯建あるいは梲と書き、防火壁の役割を果たしていた。豊かでないと作れないことから、屋敷の1つの品格を表すものとなったようだ。「うだつが上がらない」はうだつが上げられない家、というところからきていると言われる。今でも岐阜の美濃市、徳島の脇町はうだつのある町並みを売りにしていて、脇町ではうだつのある家が50軒も軒を並べており、しっかりと観光地化している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%A0%E3%81%A4
http://sikoku-udatu.hp.infoseek.co.jp/udatu.htm
http://www.sukima.com/08_hida00_01/15mino.htm

それに比べれば古湊の町並みなど大したことはなく、こうした家の前に電線も張りまくっているし、人に見せられるものではない。しかし、古湊はいわば小名浜発祥の地と言ってもよく、かつては漁業、そして港を使った物流の町として栄えた。古湊は明治初期まで米野村と呼ばれており、江戸時代は最初磐城平藩の領地、その後幕府の直轄領となった。幕府に取られてしまったのは港の機能が評価されてのことであり、江戸時代は米の積み出し、そして常磐炭鉱の石炭積み出し港として重要な役割を果たした。

各国の排他的経済水域が200海里となった昭和50年代に日本の漁業は大きな打撃を受けたが、小名浜港も漁港としての賑わいは往時に比ぶべくもない。小名浜港には多くの大漁旗がなびき、まちには船乗り達が繰り出していた。船具商だった我が家は船主からサンマなどをよくもらったもので、小さい頃の私の感覚では、サンマは買って食べる魚ではなかった。サバを1匹もらったりすると夕食は1週間サバだったりして、さすがに食傷気味になった記憶がある。

時代の変化の中で町の風景は時々刻々と変わっていくが、その中でも残すものは残し、語り継ぐべきものは語っていって欲しいと思う。 

|

« これぞ子供!〈郷ヶ丘幼稚園〉 | トップページ | 見ざる聞かざる…〈常交ジョイプラン〉 »

コメント

かんじ屋さんは漢字を売ってる(*>ε<*)ぷっー
かなりウケました。古港に「うだつ。」があったなんて知りませんでした。こうして、小名浜に30年近く住んでいても分からぬことばかりです。
わが子が大きくなったときに、潤三さんのような方に総合学習ではないですが、小名浜やいわきのことを教えていただきたいと思ってます。
ワタシのブログは・・恥ずかしながら、ワタシの感情のままに書いてますので、たまーに。ダンナの悪口とか(まだ書いてないけど、書くかも・・)あんまり期待しないできてくださいね。。
あー。なんか知り合いにみてもらう。。しかも潤三さんなんて、、恥ずかしいですヾ(▽≦;)ゞ

投稿: シュンまま | 2006年2月20日 (月曜日) 13時55分

小名浜とペアで天領だったのが神谷で、穀倉地帯であった神谷の米を船積みするために小名浜も天領になりました。米の運搬では三春の米も夏井川を用いていたようで、江戸の後期の地図では平窪辺りに御用米の米蔵があるのです。こういったお米も小名浜港から江戸へ運搬されたのでしょうか。
平城下と天領神谷を結ぶ道は現在の松﨑稲荷と平二小の間の道でした。ここが城下町の北西の際でそこから西側に4軒の武士の家がありました。松﨑稲荷は別当の松﨑家の苗字をとってつけられましたが、平城の鬼門除けとしてお祀りされましたことから古くは鬼門稲荷と申しました。

投稿: 平の若隠居 | 2006年2月22日 (水曜日) 10時40分

シュンままさん、コメントありがとうございます。ブログ楽しみにしているのですが、URL分からず残念です。ダンナの悪口は外では言わない方がいいよ。いいことも悪いことも本人とちゃんと話せる夫婦関係がいいですね。自戒も込めて。

投稿: 小野潤三 | 2006年2月23日 (木曜日) 01時04分

ご家老、コメントありがたく頂戴つかまつる。ご家老は歴史に造形が深いで御座る。神谷(かべや)は穀倉地帯で天領だったで御座るか。勉強になるで御座る。

投稿: 小野潤三 | 2006年2月23日 (木曜日) 01時08分

いい町だね~~高校の時、花火大会を見に行って、へ~~こんな町並みが残ってるんだ!という思い出があります。隣には彼女じゃなく・・・・
小名浜在住保険屋のA君と小名浜の歯科医S君がいました。ちっともロマンティックじゃないよね~~♪
ところで滋賀県彦根市に夢京橋キャッスルロードという通りがあります。外見だけ古い町並みを再現しているのですがなかなかおもしろいところですよ。

投稿: みどりかわたかゆき | 2006年2月23日 (木曜日) 09時37分

私の知識は聞きかじり。
年寄りから聞いたことを受け売りしているだけの時も多いのでよくよくご注意願います。

古い家を維持するのって大変なんですよね。
最近は職人さん探すのも一苦労。
材料探すのも一苦労。
昔の工法に明るい人でないと施工もしっくりいきません。
義理立てし知り合いに玄関の改修を依頼して、見栄えの点で大きな失敗をしました。宮大工の作った木造の玄関にいきなりトステムの規格品はめ込むって…。
この町並みを残すためにも所有者にはがんばってもらいたいものです。

今では庭も家屋も意地になって維持しています。

家や町並みは形になっているからまだいいのですが、家庭での年中行事はふとしたことから儚くも消えてしまいます。


投稿: 平の若隠居 | 2006年2月24日 (金曜日) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161453/8746598

この記事へのトラックバック一覧です: うだつのある町並み〈小名浜古湊〉:

« これぞ子供!〈郷ヶ丘幼稚園〉 | トップページ | 見ざる聞かざる…〈常交ジョイプラン〉 »