« 七草がゆ〈暮らしの伝承郷〉 | トップページ | 白鳥が来る川〈鮫川〉 »

2006年1月14日 (土曜日)

小中学生版画展〈いわき市立美術館〉

XMG_0188今日は一日雨降り。が、長女・姫佳の版画が展示さ れているということで、いわき市立美術館に「いわき市小・中学生版画展」を見に行った。我が子の作品以外は小中学生の版画を見てもどうかと思ったが、市内の沢山の子供達の版画が館内一杯に展示されているさまは意外に壮観。うまい下手を言ったら色々あるが、それぞれの創造性があふれているように見えた。

XMG_0202   いわき市立美術館は、ヘンリー・ムーアなど現代美術のコレクションでは日本有数…だそうだ。美術は詳しくないのでそんな伝聞調になってしまうが、高い評価を受けているのは嬉しいこと。絵を見るのは好きだけれど、写実的な絵ならまだしも抽象画の良さはよく分からない。が、今日常設展示を見たらけっこう楽しかった。学芸員の方の話なども聞いてみたいが、3Fの部屋にいるということでそこまで押しかけていくのは気が引けてやめた。

XMG_0205せっかく平に来たので「龍が城美術館」にも行ってみる。が、ここは午後4時までとのことで、すでに閉まっていた。名前は聞いたことがあったが、いわきに長年住んできて初めて訪れた。は~、こんなところにあるのね。今はなき旧平城があった地域のためか、道が細く入り組んでいてクルマを走らせるのも一苦労。城下町の影もないかのような平のまちだが、この辺には石垣が残っていたり、かすかな名残が感じられる。何でも今年は安藤家入部(安藤氏が磐城平藩主となったこと)250年だそうで、イベントもいくつか行われるらしい。老中安藤信正なども輩出した平なので、もう少しかつての歴史を掘り起こしたいものだ。

XMG_0215 帰ろうと思ったら子供達が「お腹がすいた」と言うので、いわき駅近くの「コロッケの富松」(有名!)でコロッケとメンチを買う。熱々のコロッケをクルマの中で食べ、家族一同満足。メニューにヤナギカレイのフライというのがあった。アジのフライかと思ったらヤナギだって! ヤナギは干物だけかと思ったらこんなのもあったか。

XMG_0218 さらに帰ろうと思ったらFMいわき「SEA WAVE」の前を通りかかったので、勝手に駐車場の中に。カーステレオをつけて、「ほらほら、今あそこでラジオの人が話しているんだよ!」と言うと、子供達が「ほんとだ」。昨年は同局に2度生出演させていただき、公開討論会のPRとトライアスロンの報告をさせていただいた。全国各地にコミュニティ放送はあるが赤字のところも多いそうで、FMいわきは黒字を維持して健闘中である。地域密着のメディアというのは重要な存在だ。市民で支えていくことが大事だと思う。

http://www.fm-iwaki.co.jp

|

« 七草がゆ〈暮らしの伝承郷〉 | トップページ | 白鳥が来る川〈鮫川〉 »

コメント

姫佳ちゃんの版画って雪だるまのですよね?(指差してますね^_^;)
上手ですね。

投稿: 恭子 ゴードン | 2006年1月18日 (水曜日) 05時12分

富松さんは豊松さんから独立しました。
地元では「豊松」さんよりも「おえん寿司」と言ったほうがなじみが深いかもしれません。

「おえん寿司」のちらし寿司の具のラインナップは私の感覚からすると平の古いタイプのちらし寿司です。平のちらし寿司はご飯に具を混ぜてはいけません。

昔は味がもっともっと濃かったのですが、最近はあっさり目です。ここのコロッケとちらし寿司という昼飯は根強い人気です。

投稿: 平の若隠居 | 2006年1月18日 (水曜日) 09時48分

恭子さん、コメントありがとうございます。姫佳の版画は雪だるまです。まあ上手というほどでもないですが、どんなことでも一生懸命やることが大事だと思うので、これはこれでよいと思っています。

平の若隠居さん、その名の如く、お若い割に通ぶりを伺わせるコメントありがとうございます。おえん寿司って知らないなあ。平のお店ってあまり知らないのですよ。是非いろいろ教えてください。

投稿: 小野潤三 | 2006年1月29日 (日曜日) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161453/8159424

この記事へのトラックバック一覧です: 小中学生版画展〈いわき市立美術館〉:

« 七草がゆ〈暮らしの伝承郷〉 | トップページ | 白鳥が来る川〈鮫川〉 »