« 2006年1月22日 | トップページ | 2006年2月4日 »

2006年1月29日 (日曜日)

独立自尊〈いわき三田会〉

XMG_0407 母校・慶應義塾大学の同窓会を「三田会」というが、いわき市には「いわき三田会」が存在する。例年、1月の最終金曜日に新年会が行われているが、今回は土曜日の開催。年に1度しかお会いしない方もいるが、どなたも魅力的な方々でいつも楽しいひとときを過ごしている。11年前に故郷に帰って以来、私は欠かさず参加している。

大学の同窓会はまちの要素ではないという見方もあろうが、東京6大学はそれぞれいわきに同窓会があり、毎年ソフトボール大会とゴルフコンペでしのぎを削っていて、このまちで1つの人の輪を形成しており、まあまちの要素といってもいいだろうと考え、UPすることにした。

いわきは慶應の卒業生が少なく、ソフトボール大会では明治や法政になかなか対抗できないが、会社経営者、医師、大学教授、市職員などそうそうたる面々がおり、何より話して楽しい方々が多いのが嬉しい。

慶應義塾には創始者・福澤諭吉の残した「慶應義塾の目的」というものがあり、義塾の卒業生は「日本国中の気品の泉源、智徳の模範」でなければならないとされている。それをもって地域社会の導き手になれ、というわけだ。気品、叡智、モラルが揃っていなければならないわけで、自らの戒めとしているところである。

XMG_0418今回は会の中で、早稲田の同窓会と一緒に「三田稲門会」(※早稲田の同窓会を稲門会=とうもんかい=という)をやろうという提案が出たり、早大出身の吉野正芳代議士が慶應出身の兄上の代理ということで参加されたり、おまけに「みっやっこっのせいほおく…」と早稲田の校歌まで歌ってしまって、不思議な三田会になった。今日もいろいろな方とお話しし、あっという間にお開きの時間となってしまった。

毎回最後に抽選会が行われるのだが、今回はなんと、私が特賞を当ててしまった。中身は川治温泉1泊2日の旅。10年間参加してきて、こんなことは初めてで驚いてしまった。今年はツイているのか。あるいは、ここで今年のツキを全部使ってしまったのか。いずれにしても、こんなこともあるのだなあ、と大変嬉しい気分。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

広大な都市公園〈いわき公園〉

友人から「今度はどこに行くんですか?」などと聞かれるようになってくると、週末必ずどこかに行かなくてはいけなくなる。カミさんが塩屋埼方面と言ったが、娘達はど~してもいわき公園に行きたいと言うので、本日は県立いわき公園へ。

いわき公園はいわきニュータウンにある広大な都市公園である。広さは70haで、東京ドームの15倍だそうだ。何度も来ている私としては、1回で一回りしようなどという無謀なことは考えない。いわきの新しい都市空間として作られたニュータウンにこんなすごい公園を作ったセンスは大したものだと思っていた。

娘達はみな近くの郷ヶ丘幼稚園卒業及び在籍中なので、いわき公園にはよくお散歩に来て駆け回っていた。郷ヶ丘幼稚園がまた、冬でも裸足の野性味あふれる幼稚園なので(ちなみに私はPTA会長である)、いわき公園は絶好の遊び場なのだ。

看板を見ると、メインエントランスゾーン、文化施設ゾーン、アミューズメントゾーン、遊びのゾーン、スポーツゾーン、ピクニックゾーン、林間アドベンチャーゾーンと7つのゾーンに分かれていて、本日の舞台は「遊びのゾーン」だった。今日初めて知ったのは、先日行った「いわき暮らしの伝承郷」がいわき公園の文化施設ゾーンだったということだ。別の施設だと思ったら、一緒だったのね。

XMG_0344 「遊びのゾーン」には、スペースコロニー、アンモナイト、フタバスズキリュウ、原始人ロープなど面白い名前の付いた遊具がたくさんあり、子供達が時間を過ごすにはこれだけで充分すぎるほどだ。XMG_0352最初はアンモナイトで輪の連なったトンネルを進んで遊び、長い滑り台を滑り、その後スペースコロニーの中を駆け回った。スペースコロニーでぐるっと一回転しているトンネルを何秒で回れるか娘達に競争させたら、皆真剣に走り回った。最初は一周40秒台だったのに、最後は20秒を切るスピードに。一番小さい純果が上2人を押さえてトップに立ったり、盛り上がってしまった。XMG_0356

今日は「環境省星空継続観察」として「スターウオッチング」が企画されており、夕方星空の観察会が開かれるようだった。タイトルの横断幕しかなく、何のこっちゃと思っていわき民XMG_0364報のK記者に電話したら、調べて教えてくれた。

冬の寒い一日だったが、我が家のような小さい子供連れの家族や犬の散歩に来ている人、ジョギングをしている人などけっこう利用者がいる。いい空間だなあ、と改めて思う。最後はミスタードーナツでドーナツ1個ずつとホットミルクを食し、暖まって家路へ。子供達はこれで充分満足である。

1つ付け足すと、WEBでいわき公園のことを検索しても、簡単な紹介しか見つからないのが残念。今の時代、WEB上に情報があるかないかは大きな違いだ。いわき公園だけ突出して書くわけにもいかないかもしれないが、都市再生機構ででももう少し詳しい紹介をしてくれると嬉しいが。http://www.iwaki.jrdc.com/chiiki/contents/1/n1-6-2.htm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月22日 | トップページ | 2006年2月4日 »