« 2006年1月15日 | トップページ | 2006年1月29日 »

2006年1月22日 (日曜日)

冬枯れの浄土庭園〈白水阿弥陀堂〉

XMG_0310 1月21日、内郷に行ったついでに国宝・白水阿弥陀堂に行く。ここに来たのは、数年前に内郷青年会議所が「いわき時代まつり」として姫神コンサートを行って以来。あのときは、この世の浄土を現したこの空間に幻想的なシンセサイザーの音が鳴り響き、安寧なる世界を希求する心が1000年の悠久を流れ続けてきたとの思いが迫ってきたものだった。

岩手県・平泉を拠点に奥州の繁栄を築いた藤原三代が建立した金色堂はよく知られているが、白水阿弥陀堂は1160年、この金色堂を模して建立されたと言われている。藤原三代目・秀衡(ひでひら)の娘、徳姫がいわきの岩城則道に嫁ぎ、則道の死後、その霊を弔うために作ったとされている。お堂は平安朝阿弥陀堂様式で、庭園は浄土式庭園。平安時代に末法思想が広まり、宇治平等院などが造られたというのは昔、日本史で習ったが、白水阿弥陀堂もそうした流れにあるもののようだ。

久々に訪れてみて、阿弥陀堂の価値は、国宝のお堂だけではなく、借景の山々、広大な池などこの空間全体にあると感じる。国宝であるのに観光地としての華やぎはなく、周辺にお土産物屋も見当たらない。もう少し何かあってもよさそうなものだが、このたたずまいを本当に大事にするにはこれでいいのかもしれない。私は子供の頃、つまらない場所だと思ったが、娘は自然が好きで、こういうところは楽しいという。私より「通」かも。

今回も行き当たりばったりで行ったため、拝観時間が午後3時半までと知らず、お堂の近くまでは行けなかった。消費者金融のCMではないが、事前の確認が大事である。

XMG_0325 もう一つついでに、すぐ近くの常磐炭坑発祥の地・みろく沢炭砿資料館に行く。話には聞いたことがあったが、こんな場所だったとは。せま~い砂利道を登っていくと、行き着く先に掘っ立て小屋があり、「みろく沢炭砿資料館」の看板。ほー、何とマニアックな場所。入場料などあるのかと思ったら、入り口にドアさえない。中には炭鉱夫達のヘルメットやツルハシ、坑道で作業する人々の写真、「鉱員募集」のポスターなど往事の常磐炭鉱を偲ばせる品々が展示されていた。こんな奥まった分かりづらいところだが、来訪者が記帳するノートがあり、2006年になって私で17組32人目だった。このマニアックさが何とも言えない。XMG_0327

http://www10.tok2.com/home2/kurodaiya/joban/miroku/miroku.html

XMG_0335 帰りはふくみやで栗羊羹などを買って、食べながら帰る。有名なのは大福だが、午後2時頃には売り切れることが多いという。今度は2時までに来よう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年1月15日 | トップページ | 2006年1月29日 »